日々のこと、趣味のこと、あれこれ・・・

  *marimo room*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 認知症の義母 > 義母の退院とその後。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母の退院とその後。

2012 - 02/23 [Thu] - 20:37

明日、義母が退院する。

病院入院中にアルツハイマーがやっぱり進行し、夜中の徘徊も始まった。おまけに息子の名前も忘れてしまった。

ワタシの名前も。

孫の名前なんてサッパリ。

義母は息子の顔を見ると叔父さん(義母の兄)の名前を言う。

容姿も全く違うのに義母の目には叔父さんが映っているらしい。

旦那は最初は落ち込んだけれど今は「叔父さん」になりきっている。

そうするしかないのだ。

退院後はとりあえずショートステイに10日間ほど行ってもらう。

徘徊が始まった以上、自宅に戻すのはやっぱり心配。

なので早急に施設を探すことにし、内情を知っているワタシに「同伴してくれ」と言われて付き合った。

希望の特養や老健は待機人数が多いので待ち期間が読めない。

なので一番手っ取り早いのが「グループホーム」入居。

義母の慣れた町のグループホームに旦那と見学に行ったら2.3日前に定員が埋まってしまっていた・・・。

少し離れた場所に同じ会社のグループホームに空きが1室あったので取りあえずケアマネが抑えてくれていたので、そちらにも見学しに行った。

1人8畳ほどの部屋。

一番日当たりと部屋から見える景色がいい部屋。

旦那がひと目で気に入り、入居を決めた。

どこの施設もそうだけれど、訪問医に訪問看護・訪問歯科医・訪問理容もある。

グループホームで取りあえず過ごしてもらい、特養もしくは老健の空きを待つ。

寂しいことだけれど、旦那と義母の介護の距離を少しでも離さないと旦那の精神的ストレスはいつまでも解消されない。

義母の事で何か問題が発生すると神経がピリピリし、ワタシだけでなく関係ない子ども達にも八つ当たりをする。

ワタシは別にいいんだけど、子ども達が可哀そう・・・。

それぐらい「介護」は精神的にやられるのだ。

多発性円形脱毛症はかなり改善されたけれど、薬が切れるとストレス性蕁麻疹が出るので旦那は薬を手放せない生活。

旦那にとって精神的安定がくるのはいつになるのやら・・・。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

kumi

Author:kumi
11歳と8歳の姉妹の母です。日々のこと、趣味のこと、新たに義母の認知症のこと、他愛も無い事をつづっている干物主婦ブログです。趣味はゲーム・昼寝。気が向いたらパンや石けん作ります。ツイッター始めました@kmmknok

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

kumikoのお買いあげ


ビタントニオ ワッフルメーカー
+++これ欲しい♪+++
ダイニングテーブル
スタジオエム マグカップ
イタルカ リネンチェックストール
LOLITA フラワー刺繍ブーツカット



♪オススメ♪

ロクシタン ハンドクリーム
お歳暮を送る前にお試しはいかが?

中田 梅干し田舎漬お試しセット
♪お気に入りショップリンク♪



logo.gif

手作り化粧品材料 マンデイムーン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。